現在発動中のプラン
オレノミクス「5・5・5計画」

2015年07月08日

今後のゴールド相場の行方は?

ギリシャ債務危機、中国株の一部売買停止と投資家心理を冷え込ませる事態が続いていますね。日経225もNYダウも欧州の株も連鎖して下がっており、リーマンショック級の大不況到来を予想する学者もいるようです。

ゴールドは「有事の金」と呼ばれるように、こういう世界的な株安のときは資金の退避先として買われるため上昇することが多いのですが、今のところは反応無しですね。それどころかドル建て価格はむしろ下落傾向と言えます(2015年7月8日現在で1オンス約1160$)。このままズルズルと下落するのか、有事の金の本領発揮で巻き返すのか、しばらく目が離せません。コインコレクターとしては金貨が買いやすくなるのである程度の下落は歓迎ですが、あまり下がりすぎてしまっても心配になりますね。




↓ポチっと押してやってください
にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ
にほんブログ村
posted by KEN at 22:49 | Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グラム3000円くらいまで落ちてくれれば半オンス以上の大きい準地金金貨を何か買ってみたいと思っていますが、どうなることやら。

正直無駄なあがきではあるんですが、ここ最近はその辺り意識して地金に近いようなものは控え、小判やら日本金貨やら金としての価値の割合の小さいものに絞って手を出していたりします。
Posted by 皐月 at 2015年07月08日 23:05
皐月さん
なるほど、あえて地金価値の割合が少なくなる金貨を狙う、というのは良い作戦ですね。僕は当分金貨は避けて、銀貨を狙っていこうと思ってますが、チャンスがあれば大型金貨狙いたいです。
Posted by KEN at 2015年07月08日 23:23
KENさん
ギリシャ債務のため、金価格は下がりそうにないですね。このような情勢ですのである意味、大型金貨入手に向けた貯金に適した時期なのかもしれませんね。
Posted by kone at 2015年07月09日 00:37
米国の利上げ予想に伴い、下落するはずだった金価格が下がってこなかったのは、中国・インドの買いがあったわけですが、中国の株が暴落してきているので、損失補てんの為、買っていた金を売りに来ているのでは、という気がするんですよね。

リーマンショック級の経済問題が発生すると、旧20円金貨でも300万円台で入手できますからね・・・。Koneさんの仰る通り、大型金貨を入手に向けた貯金に適した時期になってきたのかもしれませんね。
Posted by ホリホリ at 2015年07月09日 07:04
koneさん
いまは耐える時期、ということでしょうね。耐えるって僕の一番苦手な分野ですw
Posted by KEN at 2015年07月09日 22:42
ホリホリさん
旧20円金貨には手が出ませんが、旧10円金貨が50万円程度で入手できるようになると嬉しいです。はたして世界経済は今後どうなることやら、凡百な僕には想像もできません。
Posted by KEN at 2015年07月09日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。